COMPANY

会社方針

CONCEPT
コンセプト

「つながる絆」

どんなに重い病気や障害がある方も、そのご家族も、誰かとつながれる。ご本人もご家族も安心して過ごしていただける 人・場所を目指します。

「もっと輝く命」

心まで病気にならないように、ほっと安らげ、元気を引き出し、生活に彩を添えられる 人・場所を目指します。

「自分らしく生きていく勇気」

お母さんの胸に抱かれているような安心感があり、一人一人がその人らしくいられるように、大切にされ、勇気がわいてくるように みんなで支えあえる、人・場所を目指します。

代表者メッセージ
代表者メッセージ

弊社は2012年に創業し、10年が経過しました。これまでたくさんのご利用者様にご利用いただき、地域の皆様から沢山のご支援をいただいてまいりました。節目であるこの機会にホームページをリニューアルさせていただくことになりました。
マザー湘南を立ち上げる5年ほど前、市内の他の訪問看護ステーションで勤務していた私は、2人の患者さんとそのご家族に出会いました。一人は1歳のりんちゃんという男の子、そしてもう一人はゆきおさん、という働き盛りでALSを患った40代の男性です。このお二人は、医療ケアの必要な方だったために、子供同士の交流ができないでいたり、安心して通える場所がなく、本人が社会と交流できなくなっただけでなく、介護者が危機的状況に直面し、社会的な孤立感を感じていらっしゃいました。特にお二人の方との出会いから、私たちは強いミッションを与えられ、会社を立ち上げる決断をしました。そして、ずっと応援されながら今の私たちがあると思っています。
ご利用者やそのご家族も、普通に社会とのつながりを持ち、生活に楽しみを持ちながら、生活してほしいです。そして、地域の中で行き場のない人がいないよう、地域に貢献していくことでマザー湘南のスタッフも生き生きと働けて成長できることを願っています。
既成の枠にとらわれず、みんなで良いと思うことを提案し実行できる。職員にとってもやりがいを感じ、互いに成長しあえる会社にしていきたいと思っています。

会社概要

会社情報

会社名 株式会社マザー湘南
設立 2012年1月11日
所在地 〒253-0064 神奈川県茅ヶ崎市柳島1-9-8
代表者 塚田 桂子
事業内容
  • 療養通所介護
  • 訪問看護
  • 児童発達支援事業
  • 放課後等デイサービス事業
  • 居宅介護支援
  • 自主事業

会社沿革

2012年1月11日 (株)マザー湘南 設立
2012年4月1日 茅ヶ崎市南湖5-10-6にてサービス開始
2013年9月30日 茅ヶ崎市柳島1-9-8に新事業所を開設・移転、サービス開始
スタッフ紹介
塚田
看護師 (2021年入社)

塚田

マザー湘南で働くことのやりがいってどんなことですか?
訪問看護を始め、利用者さんとじっくり一対一で関わるようになり、その分「ありがとう」と言われる機会が増えました。その人に必要とされていると感じ、自分の働きでその人の生活を良い方向へ変えていけるのは大きなやりがいです。
 訪問看護は決められた時間内で看護ケアを行う必要があります。しかし、ここでの働き方は、余裕のあるスケジュールで、自分の考え、やりたいケアを実践しやすく、報告連絡相談がしやすい、臨機応変に動きやすい職場だと思います。自分らしい看護を行えて、それによって利用者さんの人生を支えることができるというのは、マザー湘南だからこそのやりがいだと思います。
後藤
作業療法士 (2022年入社)

後藤

マザー湘南の魅力ってどんなところですか?
私がマザー湘南に入職して一番感じたのは「安心感」です。それは、スタッフ1人1人が思いやりを持って、丁寧なコミュニケーションを大事にしているから感じられるのだと思います。地域での訪問看護・通所リハビリテーションでは、対象者の生活に寄り添った関わりが重要になりますが、その実践のためには多職種連携がとても大切です。マザー湘南では、難しい事例でも看護師・ケアマネージャー・介護福祉士・保育士などの職種の壁を越えてスタッフ皆で話し合い、相談できる環境があり、とても安心して仕事をすることができます。またOTとして経験できる領域も、小児期から、高齢期、終末期や神経難病まで幅広く経験することができます。研修会も多職種合同で行なうことも多くとても勉強になります。研修支援制度があるところも魅力の一つです。
井坂
看護師 (2012年入社)

井坂

マザー湘南で10年勤務した今、伝えたいことは、どんなことですか?
私は、結婚を機に暫くの期間を医療現場からは離れていましたが、子供3人の子育てが一段落した折に、地元で勤務して地域支援の担い手になれればと、未熟ながら訪問看護に携わることとなりました。『介護保険法の目的は、夫婦の世代で介護が完結し、次世代に大きく負担のないように念頭に置いて支援を!』という心に響く話を聞き、また、塚田社長からは、『貴女の高齢者との同居経験、家族を介護した経験を活かして欲しい』と背中を押して貰ったことで、本格的にマザー湘南に席を置き、常勤として訪問看護師のスタートとなりました。開設から10年、訪問看護、療養通所での様々なご家庭との出会い(回復や成長の喜びもあり、哀しいお別れもあり)喜怒哀楽を共にし日々が学びとなっています。看護上の悩みは、チーム全体で解決の方針で安心感があります。今日も皆様の大切な人生に関わらせて頂き、看護修行の毎日です。